2017-03

彼岸の連休 - 2017.03.21 Tue

今年の春の彼岸は予定をキャンセルしたので時間も出来て、いつもと変わりなく家で過ごしました。
でも彼岸だからね。
先ずはおはぎ作り、
朝から小豆を煮て餡を練り、うん、今年もまずまずかな~(^-^ゞ
ゲッテルとリフロという、チャッカリした味見役のお墨付き\(^^@)/

IMG_8485_20170321145447503.jpg

IMG_8486.jpg

いつもの様に4種~中に餡を包んで、フロちゃんの体のようにちっちゃなおはぎが完成しました。
今回は、猪肉を貰ったシェリーちゃんママの所と釣り名人のTさんの所にお裾分け、
そして京都の孫達へ発送、

IMG_8490_2017032114544991d.jpg 

動かないように形が崩れないように送るのは中々難しいです。
この箱、"知る人ぞ知る" 日本3大饅頭の一つとも言われる、柏屋の薄皮饅頭の一口サイズの空き箱です。
食べたことの有る人ならおわかりのように、本当に小さな小箱です。
一応それに収まった物の、そのまま蓋をすると、てっぺんがつぶれてしまうので、一工夫、
格好はあまり良くありませんが、両端の内側に型紙を挟んで高さ調節して何とか送ることが出来、このままの姿で届いたと知らせが入り一安心。

<嬉しいメール>
珍しく釣り名人のTさんの奥さんのYさんからメールが入りました。
内容は、「おはぎ、とっても美味しかったです。(中略)「今回のおはぎは特に美味しい」と私が何度も言ったらしく、お父さんにお礼のメールをしたらと言われました。Fさんはスゴい。いつもありがとうございます。」と言う物でした。
釣り名人さん宅は美食家なので、なかなかお口に合う物が届けられず心苦しく思っているので、思いも掛けない嬉しいメールに心が躍りました~\(^^@)/

シェリーちゃんママの所からも京都からも、甘さが控えてあるので幾つでも食べられると喜ばれて、心爽やか・・・

それと、お祝いやお見舞い用に、今回は珍しく連日カステラを焼きました。
久しぶりに抹茶カステラを1個と、普通の蜂蜜たっぷりカステラを2個!

IMG_8462_20170321145450e53.jpg 

IMG_8464.jpg 

IMG_8497.jpg 

          IMG_8465.jpg 

           IMG_8498_20170321152438466.jpg 

          IMG_8525.jpg

IMG_8468_20170321152436b58.jpg 

これ、味見出来ないの?~と、不満そうなゲッテル(*^_^*)
ごめん、ごめん、
でもね、お届け先のアンとかのんちゃん(姉妹猫)たちが
代わりに味見してくれたそうですよ(=^0^=)

連日宅急便を送るついでにドッグランや潮風公園でお散歩も出来て良かったね。

IMG_8499.jpg 

そんな連休の内の2日はフロやん(主人)は相変わらずスキー~\(*^ ^*)/
でも最後の1日はみんなで庭でお茶を楽しむ時間も持てて、良かったね。
雪囲いも外して貰い、庭にもそろそろ春の気配・・・

IMG_8524.jpg 

連休最後の夜はコーラスの練習にも出掛け、久々に船橋先生の指導を受け、
充実した時間が流れていきました~♬

一夜明けて、
今朝は暖かい雨、
「暑さ寒さも彼岸まで」~これからは木や草や花達も恵みの雨にぐんぐん芽吹いてくることでしょう。
庭の椿たちも雨に濡れながら元気に咲いてくれています。

    IMG_8712.jpg 

生け花で使った物を挿し木して育った椿も咲き始めました。
斑の侘び助はもう数日先かな。

IMG_8715.jpg

その足下には、よ~く見ないと見過ごしてしまいそうな小さなオウレンの花も咲いています。

          IMG_8382_20170321161436d6b.jpg 

休日の疲れをねぎらうかのように届いた山陰土産、
上品なお菓子をRさんに頂いた銘々皿で頂きながら記しています。

IMG_8716.jpg  

木々の息吹を感じながら、次の連休まで頑張ろう~(o゚▽゚)oニパッ
本日の体温、相変わらず 37.6度~もうちょっとかな・・・吸入と飲み薬、相変わらず服用中。


猪料理完成です〜絶品! - 2017.03.17 Fri

20170317065255cdf.jpg

昨日から下ごしらえをして仕込んで置いた猪の煮込みとオイル焼き、完成です!
先ずは煮込みから、
下味を絡ませて置いたものに出汁とごぼうと玉葱の乱切りを加えて、圧力鍋で煮てみました。
筋も肉も柔らかく、猪の肉という臭みも感じられず、ごぼうに肉汁の旨味がしみこんでいて、とっても美味しく仕上がりました。
調味料のバランスが絶妙、ニンニクや柚子や山椒など、どれが勝っているというのでもなく、いいあんばいに仕上がって、フロやんにも好評でした。

2017031706525721b.jpg 

もう一品、ちょっと洋風に漬け込んだものを、
オリーブ油でさっと両面焼いただけですが、適当に家にあった香辛料を入れただけでしたが、これも黙って出したら何の肉か全くわからない程、柔らかくてスッキリした旨味のある一品になりました。
自慢じゃないですが、どちらも二度と出せない幻の味になりました。

ゲッテルとリフロもデザートは猪の手作りジャーキーにご満悦(*^ω^*)

それもこれも、シェリーちゃんのママさんと釣り名人のTさんのお陰で、猪の骨つき肉から捌いてもらい、生まれて初めて自分で料理したという、貴重な体験をさせてもらえた事に、心から感謝しています。


これ、何の肉?~って不思議そうにしていたね(^_^.) - 2017.03.16 Thu

IMG_8405.jpg

一昨日の日暮れ時、シェリーちゃんのママから連絡を貰って、行ってみたら、
おぅ!
何と、生まれて初めてお目に掛かった猪の肉だったのでした。
それも足2本と、ちょっぴり胴体もあって、その胴体の一部を切り分けて貰って帰ったものです。
ゲッテルの反応もいつもとは違って不思議そうに嗅いでいましたねぇ。

シェリーちゃんのママのお友達のハンターさんが射止められた物だそうです。
か弱い素人の私たちには、とてもその足を捌ききれるのもではないと判断し、
いつもの釣り名人さん宅に持ち込んでお願いして帰られました。
(釣り名人のTさんには果樹園を経営されてたり、ハンターもおられたり、いろんな分野のお友達がいらっしゃるので、何でも困ったら釣り名人のTさんに相談したり、お願いしたりする事になっているのです)

そして翌日(昨日)、釣り名人のTさんより、今捌いてるからと連絡を貰い見物に~(^-^)/
(ここからの4枚は、Tさんの奥さんに写して貰った物)

       IMG_8409_20170316110318400.jpg 

       IMG_8410.jpg 

       IMG_8411.jpg 

            IMG_8408_201703161103179ed.jpg 

流石、何をしても名人のTさん、名捌き!
生まれて初めての猪君に感謝! そして猪君とこわごわ握手? 
見た目よりもとても重くて、生きてたんだな・・・って、なんとも言えない気持ちになりました。
こうしてTさんに捌かれたもも肉の一部も頂いて帰りました。

IMG_8407_20170316110122f43.jpg

あれっ? 昨日の臭いと一緒だ!って思ったかどうか?
今度はリフロも寄ってきてクンクンクン・・・
ゲッテルはこのままだと生でも食べそうな勢いでしたが、ごめんね、後でねと作業に掛かりました。

Tさんに習ったとおり塩水で揉んで洗うこと3~5回、
それから茹でてその後湯洗い。

IMG_8415.jpg

          IMG_8417_201703161202241c2.jpg

湯洗いして水分を取り、スジの少ない(最初に切り分けて貰っていた物)部分は洋風に下味をつけてみました。

IMG_8419.jpg

ニンニクタマネギを始め、家にある香辛料を適当に併せて、オリーブ油を垂らしてつけ込み、袋に入れて寝かせました。

          IMG_8421_20170316120226754.jpg

その他は、ほとんどがスジがあちこちに付いているので、スジ煮込みにしてみようかと、コロコロのぶつ切りにし、和風っぽい下味を付けてみました。(作り置きしてあった柚子味噌や、かけ醤油や生姜、ニンニク等)
どちらも冷蔵庫で熟睡中(*^_^*)

          IMG_8422_20170316120221da9.jpg

勿論、ゲッテルとリフロにも有りますよ。約束したもんね!
湯洗いまで済んだところで、薄切りにして乾燥器に掛けて10時間、
猪のジャーキーの出来上がりです。
彼らが一番にお召し上がりになりました(*^_^*)
全然臭くありません。わんこ達も大喜び!

IMG_8430.jpg

人間用は、一晩寝かせた物をこれからスジ煮込み始めてみようかなと思っています。
洋風薄切りの方はフロやんが帰ったら鉄板で焼いてみようかな・・・思案中。 
生まれて初めての事ってまだまだ有りそう、
いろんな体験させて貰えて有り難いです。
どんな味になるか楽しみ・・・


突然の訃報・・・ - 2017.03.11 Sat

昨日、突然の訃報が同級生から届きました。
中学校まで一緒だった同級生のみほちゃんが亡くなったと・・・
手術を繰り返しながらも病気と闘っていた彼女、
同窓ブログを立ち上げてくれていた彼女、
みんなに優しい彼女、昔っから、上品な優しいお嬢さんでした。
そんな彼女は、中学時代、テニスでフロちゃんとペアを組んでいた時代もありました。

IMG_8359.jpg 

この写真はその当時のフロちゃん(私)、写真は敢えて自分だけにしておきます。
訃報の知らせを受けてアルバムをめくりながら、もう半世紀前の写真なんだな・・・と。
でも一つ一つがつい先日の事のように、みほちゃんの今の顔よりも当時の顔の方がハッキリ浮かんできます。
フロちゃんとは対照的で、華奢で背が高くて品が良くて優しくて(竹久夢二の世界の感じ)、テニスの腕は?そこそこで(*^_^*)
誰からも慕われる本当のお嬢さんでした。
広島県なので同窓会も中々行けなかったけれど、ここ数年LINEやFacebookや同窓会ブログやフロちゃんブログで、とっても身近に接して居て、こんなにすぐに逝ってしまうとは夢にも思っていませんでした。
永遠の美少女みほちゃん、あなたのことはずっと忘れません。
いつかそちらで同窓会が出来るまで少しの間待っててね!
いろんな事言いたいけれど、胸が詰まって書けないよ・・・
きっとみほちゃんにはフロちゃんの胸の内見えてるんだと思うよ、
もう辛い手術もない、これまで黙って耐えていた苦しみからも解放されて、ゆっくり安らかに過ごして下さいね。
よく耐えてきたね、本当にお疲れ様でした・・・

このブログにみほちゃんの「いいね」が入りそうな気がするけど、もう、いないんだね・・・
でも見てくれてるよね!


これぞ本物!~ - 2017.03.11 Sat

IMG_8270.jpg

沖釣り名人の高橋さんが、長野で果樹園をやっていらっしゃるお友達の所から貰って来た葡萄を、ご自宅の薪ストーブの上に吊して出来た正真正銘本物の干しぶどうを外して袋ごと頂いて来ました。
厳かに頂いて持ち帰ったものの、もったいなくて当分流しの上に飾っていました。

    IMG_8274.jpg

この長さでも相当ですが、アミ袋の底の折れた部分も足した丈ですから、元の葡萄の房はお店で売られているような品種ではない事がよく分かると思います。生の甘みもそれ程ではないもののようでした。
まだ生の状態で吊り下げたばかりの時に一度見せて貰った時には、房のままの状態で皮も種も食べられる状態に仕上がる物だとはフロちゃんの小さな脳みそでは信じ難かった。
でもよく考えて見るとそうですよね、ワインやジュースにするわけではないのだから皮を剥いたら変なことになってしまいますもんね・・・

    IMG_8275.jpg

それがこんな風に本当にできあがって、一粒ずつ外して口に入れてみると、なるほど、ぎじぎじ感は有る物の丸ごと食べれる~感動!
結局あの長い房の葡萄がティーカップにたったこれだけ!?

IMG_8348.jpg

オーガニッククレーズン完成です。
そしてそれを使って牛乳葡萄食パンが焼き上がりました~\(^^@)/
いつもはスーパーの干しぶどうを何も考えず入れて作っているのに、
こうして自家製で手を掛けて出来上がった物を使う事になって初めて、立派な大きな一房の葡萄がこのパンに入っているんだなぁ・・・とつくづく感じています。
さてさて、お味は如何に?
もったいなくてまだ食べていません~(^-^ゞ
包んで寝かせて明日から頂く事にしましょう。
これも生まれて初めての経験でした~ありがたいな(*^_^*)

          IMG_8356.jpg 


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

freudeのフロちゃん

Author:freudeのフロちゃん
《ようこそ FREUDE のまどべ》

家族
 ●愛犬フロイデ(1997-2012)
 ●ゲッテル(2003-)
 ●リ・フロイデ 通称:リフロ
 (2012-)
 ▲フロやん(主人-人間!)
 
平凡な日常をつづっています~♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1286)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR