2019-12

11/26 の誕生日 - 2019.11.28 Thu

2019.11.26  67才の誕生日をむかえました。
京都の息子家族から届いたお花が嬉しくて記念にと写したポートレート。
こうして元気でこの日が迎えられたことに感謝して。

969FD103-9498-459B-8309-7DEE84FF75F2.jpeg

それとこの日はもう一つ、
フロやん(主人)の退院後の初めての診察日で、手術の時の腫瘍の病理検査結果を聞く日でもありました。
診察は尿に多少の血液は混じっているものの問題ないとの事。
そして肝心の病理検査結果は、癌という事でした。
良性と言われたらこれが一番のプレゼントよね〜と呑気なことを言っていましたが、実際は悪性だった...
しかし、初期癌で、今回取れるところは取って貰ってるのですぐにどうこう言うことではなく、定期的に検査を繰り返しながら様子を見ながら対処していくことになりました。
またなります!(再発する確率50%)と言われています。事前に調べた時もそんなことが書かれていたのでそれ程のショックは受けませんでした。
場所が場所だけに切り取ってつなぎ合わせられる所でないので、根こそぎ取ることが出来ないらしいです。穴が空いてしまうと全摘出以外方法がなくなるので、そうしない為にも内視鏡手術での再発は免れられないのでしょう。
そういうことを知った上で、健康的な暮らしを続けていかなくてはなりません。
というと辛そうに聞こえますが、本人多少の疲労感はあるものの、殆ど自覚症状もなく、
次回の内視鏡検査の日時を予約して帰路へ。

途中思い出したようにスキー履を予約していたお店へ寄り、幸い運良く届いたばかりとの事で受け取って気分良く帰宅し、この週後半に雪の予報が出ているので、あわよくば週末初滑りに行けるんじゃないかと狙っているらしく、病気を持っているとは到底思えない元気そのもの!

このように、今できる事、やりたいことが出来る幸せを感じながら生きていって貰いたいと思っています。

23763301-8117-4556-8C22-3D954A84B34A.jpeg

途中、一緒に行ったリフロも信濃川堤防沿いをお散歩。

          6D1584CA-12BB-48A8-AC61-C28272D5940C.jpeg

立川総合病院にかかっているのに、わざわざ日赤まわってね\(^o^)/
ドクターヘリの前でも1枚ね。

          1A757A28-90F6-4C4B-A19E-73C51382CBDB.jpeg

入院中、立川病院でもヘリが離着陸していたようでしたが、この様に間近で見ることは珍しくてゆっくり眺めてきました。
のんびりこうして平日の昼間にお散歩するのも久しぶり。
周りには散歩を楽しむ高齢者の人たちがちらほらと。
風は冷たいものの暖かな日差しに心地良さそうな足取りを眺めながらのお散歩でした。

78CE736A-BE7D-43F0-B8F8-0F09A85B0821.jpeg

というような誕生日の1日で、特別なプレゼントもなく、特に美味しいものを作った訳でもなく、何となく終わりました。

届いたお花は、落ち着いた深みのある美しい色合いで統一されてて高級感があって、どの方角から見てもそれぞれ違った景色で美しいので写してみました。

5AD55415-DEAC-42DF-A597-3884BD2B23E0.jpeg

          3619309F-3750-44A0-8B15-E923ACBE296E.jpeg

EB8E7269-2BCC-47E7-B269-EC5C73A9719C.jpeg

          DB0DBE6D-DDF5-4C80-81A3-EFF6A645F01E.jpeg

普段は離れていても、どこかにこうして思ってくれている人がいるって嬉しいものですね。
これからまた1年間、ゆっくり穏やかに過ごしていきたいと思います。
facebookのお友達からもたくさんのお誕生日お祝いコメントを頂きました。
皆さん、本当にありがとうございました٩( ᐛ )و

あぁ〜それにしても生まれてこの方、こんなに健康を意識した誕生日は初めてだったような気がします。これからの為にも、今年の誕生日は本当に価値あるものでした。


11/23(土)戸隠神社 - 2019.11.27 Wed

F66F0140-8094-4A93-9142-DC8996E35D1C.jpeg

珍しく晴れた週末、久々遅めの朝散歩に出かけてみたら、いつもとは違った風景に出会えました。
いつも見慣れてるお散歩コースなのに、うまい具合にその時間、朝日に照らされて別世界のように美しくみえました。
こんないい気分に誘われて、退院のお礼とこれからの健康を願って、そして高校受験の孫の合格祈願も兼ねて、戸隠神社にお参りに行ってきました。

0142FB32-8200-4A53-96BF-95DE82B600BD.jpeg

高速を使わず下道でのんびりと。
なんとも美しい海原を眺めながら心地いいドライブでした。
健康で揃ってこうして出かけられることがなんと幸せなことかと、しみじみ噛みしめながら...

8B4DDE34-95D2-4CF7-9199-F7141FB7B3DF.jpeg

いつもは奥社までハイキングかてら歩いて登るのですが
今回はフロやんも病み上がりでもあるし、中社へ。
樹齢800年の3本杉の内の1本の前で。流石800年...
鳥居さんより奥はペット禁止で残念ながら引き返してリフロは車でお留守番。

67E2FB29-2F61-443C-8DB3-A141BD03C08F.jpeg

本殿にて、ちょっと我が家にしては大枚のお賽銭(今回は欲張らず、入れても音がしないお札)を入れて、手術のお礼とお願いをして、お守りを買いました(^ ^)

そしてお昼は老舗のお蕎麦屋さんにて新蕎麦と、蕎麦がきを頂きました。
舌触り滑らかな蕎麦がき大好き❣️

02050891-B788-4045-91A3-5C82EEBEBD9B.jpeg

そうしてる内に、釣り名人さんのお宅からメールが入り、マダラが釣れていて、3時半頃には名人さん帰宅予定との事。
おぉ〜という事で戸隠から真っ直ぐ一目散に自宅へ向かいました。

老舗の生そばのお土産を持って真鱈を貰ってきました。
今回も大物❣️

CF49D9A5-25FE-4D9B-9843-5589E277AFD2.jpeg

ほら、こんなに大きいよ!ってお父さんに説明してるリフロ(^^)

           F91E2363-F1C6-49B8-BDE8-B1714D2C2CA0.jpeg

いつも思うのですが、マダラのお顔は何とも愛らしくて大好き❤
いつも笑顔で喜んで迎えてくれる気がします。
だから絶対に無駄にしないで頂いています。勿論 他のお魚もそうしています。

           4D6A4DF3-8B5C-4E5B-93F7-35FAC1255D04.jpeg

頑張って捌いて、背中の一番いい両側の身は昆布締めにして、その下は3枚下ろし。
頭が二つ割にしてカマもヒレを切り落とし焼き魚用にこしらえ、荷造りをして京都へ発送。
合格祈願のお守りも入れてね。
ギリギリ間に合ってラッキー🤞

結局我が家は、中心の中骨と、尻尾の先で鍋にして、白子を煮つけてたべました。
十分ダシが出ておいしく頂きました。満足満足❣️
美味しいものは一緒に味わってこそ意味も深い❣️心地いいしね❣️
喜ぶ顔を浮かべながらの作業も楽しいし❣️

F6DF10E8-B288-4676-B2E5-4F0358F0611A.jpeg

と言うのも、前日にも大物を頂いていたこともあってね。
その大物はハマチ。
ハマチは捌くと色が変わるので、今回はこちらで全部食べました。
前日と、2日置いてからも食べましたが、肉の中身は綺麗で美味しいのですが、切り身の表面の色が変色するので、もらった方はどうかなぁ...と思ってしまうのですが、次回からは3枚に下ろさないで、輪切りの状態できちんと包んで送ってみようかと思ったりしています。

AE58921E-929A-4A28-9EAB-245AAFD1F20D.jpeg

    EDB2330E-A6DC-461F-8309-CD759219C409.jpeg

いつものように、フロやんの顔を見てから握り始めます。
出来立ての艶味、お寿司屋さんに負けない自信(自画自賛)に満面の笑顔を浮かべて握ります。
一品でも逸品だからこれが最高❣️

FB077FED-0799-476F-B772-7E9A1045F3BC.jpeg

いつも本当に有り難くて、言葉に書くだけではなく薄っぺらくなってしまいますが、
フロちゃんのお腹を割ってみてもらいたいくらい感謝でいっぱいです❣️


11/18 今シーズン最高の美 - 2019.11.27 Wed

76AED704-337C-4F53-80CD-3A8AB6AA4646.jpeg

気まぐれな秋のせいで、なかなか庭の秋を楽しむ時間が少ない中、
既に諦めていた庭の紅葉に感激🍁

※ クリックして大きな写真で見ると、庭とは思えない美しさ...

  91C9DA91-47EB-4770-BE5B-F2EBC3988B0F.jpeg

あけびの緑が山帽子の色を際立てていました。
何もかも忘れて、只々レンズ越しに楽しんでいました。

そして、これも小春日和の一枚
1枚だけ見ると春の野すみれに見えますが、可愛らしく咲いていて、思わず顔もほころびます。

E06F8972-D46A-4C6A-AEE7-A0E3255084A7.jpeg

そんな中、退院して間もないフロやん、
庭の落ち葉を掃いてくれたり、室内で本を読んだり、行動的なフロやんには珍しくおとなしく過ごしておりました。

310BEE44-19B7-460E-9D88-F111D0792B1C.jpeg

そんな中、Masaさんから季節の庭の柚子が届きました。
いつもの年には沢山届くはずの花御所柿も不作で、今年は5個しか見当たらず、
一つは鳥がつつき、残りの中から貴重な2個が丁寧に包まれて入っていました。
甘柿の好きなフロちゃんの為の心遣いが身に染みます。

5F938779-4486-451F-A8BE-29AA989B676E.jpeg

葉付きの柚子も嬉しくて、早速玄関で目でも季節を味合わせて貰っています。
本当に有難いよね...❣️

7A0A1579-F200-4EF1-8107-BEDF1CE25F45.jpeg


11/14 思いがけない頂き物(太刀魚) - 2019.11.16 Sat

この日は、朝から風も強く雨混じりで寒くて荒れていました。
そんな中電話が「プルルルルル〜ン、オサカナノタカハシサンデス!」って?
お魚じゃない日もあるのでまさかね…と思いながら出てみると、
何とまぁ、富山まで行って太刀魚を釣ってきたと❣️
そして、facebookの大将軍丸さんに名人さんが載っていると聞き、早速拝読。
凄い凄い、トップに載っていました。
さすが名人さん、満面の笑顔が堂々としててカッコイイ❤️❤️❤️❤️❤️

3106FB6C-EB8A-45B8-8156-6D9FB605CE7D.jpeg

我が家にも沢山頂いてきました。
ピッカピカ❣️

77C176AC-74DD-4ACF-87C3-D5F922B02FC6.jpeg

早速下ごしらえ。
頭や尻尾の先、三枚おろしした中骨などは吸い物の出汁を取るので、最初から捨てるところは内臓のみ。
鱗はないし、内臓は簡単に出せるし、貰って帰ってから包丁を使っても、水は一切使いません。
水は、出汁を取るときに鍋に水を入れるときだけです。
ティッシュとキッチンペーパーだけで血合いを少し拭く程度。

          D509AC42-0705-46D3-AE20-CEB73AC6A08C.jpeg

それぞれの一番太いところを三枚下ろしにして、握り用の下ごしらえ完了。

          6B44C178-4D8C-42EF-8FF6-C1F506F7E7F9.jpeg

半分より下の部分は塩焼き用。
背中側の骨を生の内にこうして外しておくと食べ易いので、ちょっと手間ですがフロちゃん流にこんな風にしています。

          AEEB676B-0232-496F-ABA4-C94590BD052F.jpeg

雨の中、庭の落ち葉を拾い、
ちょっとおしゃれを楽しもうかと...

20DE4BD8-66FD-422E-A27B-2AF4C97A65D8.jpeg

うぅ〜ん、いまいちだったかもm(_ _)m
でも、ただお皿に乗せただけより季節感は出るよね。
写真にするとセンスが問われるので、今回は自分では60点位かな…

          6AF44F9F-3D4D-4BDE-A9D3-FD08E0A1D082.jpeg

しかしメインの太刀魚は最高❣️
脂が乗って、甘みがあって、炙りにしたので皮も身と同じように口の中でとろけてまったり。
なんとも至福の瞬間です。

握り用に削ぎ切りにした端の部分も一緒に飾り付けて、これは最後にワサビ醤油でお刺身として味わいました。

          AF81678F-A438-47C8-B082-3E744111DB51.jpeg

見た目も美味しそうですが、口に入れた時は言い表し様のない美味しさ。
ただ唸るのみ……シ.ア.ワ.セ〜❣️

FE8179A0-EA30-4EEF-902D-0E7245EE2C0C.jpeg

後片付けをした後も、使っていた落ち葉を捨てるに忍びなくて、
こうして楽しみました。
秋の夜長、外は少し荒れ模様だけれど、退院間もないフロやんと共に
ほっこりした時が流れていきました。

          4C5F4339-43D2-4504-B5A2-8DADA2D26C9D.jpeg

今日も有難うございました〜♬♩♫♪


11/6〜11/12 フロやん、手術入院して来ました。 - 2019.11.13 Wed

9月の初めに尿路結石が出て泌尿器科にかかって、何度か通って検査をするうちに、
結石よりも心配な膀胱腫瘍が見つかり、紹介状が出て、9/24より立川総合病院にかかり、
検査、
10/7にも検査をし、家族同伴で説明を受け、膀胱の初期腫瘍と言う事で、
11/7の手術(6日に入院して1週間程度の入院予定)が決定しました。

39E67284-5179-4E21-8D1E-2E11F8908CBF.jpeg

入院前夜、リフロとも1週間のお別れです。
そして6日に入院、
7日手術日。

0DCFD80F-072F-477B-8E60-93E674936569.jpeg

全身麻酔の内視鏡手術をベッドで待っている所。
午後1時からの手術予定が、3時10分に変更になり、何と待ち時間の長い事、…
いよいよ手術室へ。
想像していた寝た状態で手術室に運ばれて、手術室の扉の前で見送るテレビドラマの様な感じとは全然違い、自分の足で歩いて、関係者以外は立ち入れないドアの前でバイバイ!

D5F60BBC-FE7D-4ACB-BCC4-76A5D7CCA1FE.jpeg

元気な足取りで出発しました。

C64C2805-8CF8-4F27-9E16-D644ECB20E68.jpeg

大体1時間くらいと聞いて、ベッドのある病室とは違う、手術の家族が待つ部屋で待つ事40分、
私が朝家を出てから手術開始前までの5時間の長い待ち時間から比べると、あっという間でした。
本人が麻酔から覚め始めるまでの間に担当医の先生から手術室前で説明を受けました。
そこに案内される道すがら、看護師さんに「ご主人が歩いて手術室に行かれた時の道ですよ」といわれ、本人どんな気持ちでそこまで歩いて行ったのだろうかと思いました。

C54DAD08-10CA-47C0-9D9F-A552DAC4531C.jpeg

検査で言われていたメインの腫瘍以外にひと回り小さいものが2個、そして砂つぶの様なドロドロした海綿体の様なところも全て綺麗に取って貰ったようでした。
写真に取れないので簡単なメモ書きしたのですが、後で本人に話したら、自分も見たかったと言いましたが、既に検査の出されてて、それは叶いませんでした。

0EBCFBB8-89CC-4F21-A0E4-DA6E304E7F72.jpeg

手術前に頂いていた資料の様な感じで部屋に戻って来ました。

052E752A-DB5F-4F34-B317-43BC7771AB2A.jpeg

話が出来るほどに意識は戻っていて、声を掛けてみましたが、何だか様子が変?
手術室に入ってからいろいろ先生に話し掛けられて、麻酔もした頃、
「深呼吸してみてください」と言われたのに、すぐその後に「おわりましたっていうんねん、何言うてるんか、嘘やと思った」って言うのです。おかしいな、おかしいなと何度も繰り返して言うのです。
フロやん(主人)は生まれてこの方、全身麻酔の手術を受けたことがないので、40分間の手術時間が自分の記憶の中では1分にも満たないうちに終わっていたことが納得がいかなかった様です。
全身麻酔の威力ですね…

私は1度、骨髄移植のドナーとなった時に、骨髄液を取り出す手術で全身麻酔をした経験があるのでフロやんの気持ちがわかり、話を聞きながら笑ってしまいました。そういうもんなんやわ(^^)

          86F1027A-262C-483A-9683-783CC2A56B6F.jpeg

そして3時間が経ち、麻酔からすっかり覚めて、感謝!
酸素マスクも外され、水分を取り、
しばらくしても吐き気がない事を確認して、食事が許されました。
お腹を切り開いた訳ではないので、食事は普通食。
前夜の夕食からまる1日以上何も口にしていなかったので病院食も完食。
売店で買って置いたプリンまで食べました。
手術したのにお粥でもなく普通食には驚きました。
内視鏡手術って凄いですね…

そんなフロやん曰く、「点滴外して週末には長野の災害ボランティアに行かなあかんわ〜」???
「尿管つけておしっこ袋ぶら下げて?〜ハイハイ、どうぞどうぞ」と冗談話しもできるほど元気でした。
でも当日は歩かせて貰えなかったから、大きな口は叩けても体はね

そんな話が出るのも、
手術が決まってから手術までの1ヶ月の間にフロやんがして来た事はこれでした。
尿路結石が出て以来全く自覚症状がなかったし、じっとしていられなかったようで、帰ってくる度に満足はしていた様ですが疲れも激しかった様でした。
入院するギリギリの週も、黙っていたら行ったかもしれません。
でも元気な状態で手術に臨まなければ困りますから止めました。

8EA69754-74FD-45AE-89B0-A34A57E13B35.jpeg

手術の日は、手術中も家族が行っていないといけなかったので、リフロの面倒を近所のシェリーちゃんママさんとその娘さんでドッグトレーナーのSayakaちゃんにお願いしていました。
基本家に置いて、お散歩と、ご飯とおやつ、そして遊んでもらったりと、安心してお願い出来て大変助かりました。
写メや動画も送ってもらって様子も分かって至れり尽くせりで本当に感謝感謝でした❣️

2170DA29-6DCA-4F0B-84F9-F9A58EB17470.jpeg

おやつはあそこだよと教えてたみたいです。
しかし、お散歩はゴールデンのシェリーちゃんとは並んで歩けなかったようで、別々でお手間をかけた様でした。それでも良い子だったと褒めて頂いて有難かったです。
結局その日私が自宅に着いたのは9時半頃でした。
ちょっと心配な長い1日でしたが手術も終わって安心しました。

何でも食べていいということで、おやつの差し入れ。
家で作るものの中でフロやんが一番喜んで食べてくれるものといえばこれ、シュークリーム。
夜なべ仕事に作りました。

BC156309-9BB9-48BF-AC13-4F868B95416E.jpeg

一口で頬張れるくらいの大きさにして、カスタードをいっぱい詰めて、
見かけより心❣️

         BD79201E-A783-49CF-A6A9-4D19B959FFE7.jpeg

点滴からも解放されて、美味しそうに食べてくれてよかったぁ〜(о´∀`о)

156D7000-F9B0-494B-9A9D-F17B48302FAB.jpeg

手術の翌日からの面会には、最後退院の日まで、毎日リフロと行動を共にしました。
面会出来なくてもお父さんがいる場所と言う事は感じてた様です。

8896CC6D-758C-4AB8-8EB3-88CAC2EFF60D.jpeg

↓〜この点滴棒の上の袋は?
実はこれを持って来いと言われて…本来はリフロのお散歩時のペットボトル入れです。

60381934-1E16-4200-B1BF-9CB9BDD4A7EB.jpeg

それがここでは、こんなものを入れて
中段には本を入れた袋もぶら下げ、一番下には尿袋と、すべてを1本の点滴棒にぶら下げて、売店やデイルームを行き来して過ごした1週間でした。

          13EF71E2-3D90-4D5A-AC87-E5A5B42A9703.jpeg

↓〜こんなふうに歩いてると、気の毒そうな病人ですが、だんだん元気になって、尿袋が見えるのが嫌だと言い出し、自分なりに点滴棒を持たないで歩く方法を工夫し始めました。

64457E8B-4327-41A0-8B52-E2EDDF41D8D1.jpeg

結果これ、嬉しそうな表情。
これじゃあ病人に見えませんね(^ ^)

         3DD372A6-1ABA-4591-9605-34D460F23144.jpeg

こんな病人ですから次に何を差し入れようかと思っていた所に沖釣り名人さんからマダラをもらったので、保冷バッグにお刺身で届けたり、その翌日もマダイとイナダを届けたり、私は何時もより忙しい1週間を過ごす羽目になりました。

09066E40-FF1F-4860-9A72-4D98869636DA.jpeg

リフロと2人だけの生活になって、ちゃんとした食事も作らず、お刺身も食べていなかったのでこれでやっと私も息を吹き返し、元気が戻って来ました。

          B4A75F18-88DE-4384-BE79-0C278DDBE473.jpeg

毎日通った病院からの帰り道に8号線バイパスから見える米山。
手術成功して本当に良かったと思いながら正面に見える米山にも感謝したのでした。

E1B0B4E1-C98C-490D-9B89-6483EF78ABE8.jpeg

6日目で尿管が外されて、身軽になりなり、
そしていよいよ7日目、朝の検尿で血液の混じりもなく退院許可が下りました\( ˆoˆ )/

前夜からそれを聞いていたので、名人さんの小鯛を夜の間に下ごしらえしておいて、
早朝より押し寿司を作り、午後一番に迎えに行きました。

6EBFF443-DD8C-46BB-BE18-B4D1170CAABE.jpeg

          57E15C54-D730-4950-A6A8-7370CD1110B5.jpeg

A814E708-DA8D-46BC-86BB-869B8E3E96E1.jpeg

早く帰りたくて仕方なかった様で、早々詰所に挨拶を済ませて下にに降りて待っていました。
この後ろ姿、たった1週間なのに、行く時より本も増えたりで…大荷物。
まるでハイキングにでも行く様に足取り軽やかに、さっさと駐車場に向かいました。

349AA222-8017-4CDE-96BD-CB02AF9151A5.jpeg

リフロォ〜来てくれたの?と、1位週間振りの抱っこ❣️
手術したなんて思えない元気な笑顔をしていました。

無事帰宅して、一休みしたかと思うと、自分の車で潮風公園散歩に行くと言い出し、それじゃあと付き添って行ってきました。

0878578A-53D5-4F8A-BE3C-D6AA780935C7.jpeg

綺麗なまつぼっくりが落ちていて拾い上げてみたら、既に2人(フロやんとリフロ)は向こうを歩いていて、今までと変わらない風景に気持ちが和んだのでした…

B54B18AC-439C-458D-8EF8-244EA07D14CB.jpeg

そして早めの夕食。
朝作って置いた小鯛の押し寿司とノンアルコールで乾杯しました。
と言ってもフロちゃんは美味しい純米吟醸酒でしっかり2人分のアルコールを頂きました\( ˆoˆ )/

今回の押し寿司は小鯛の味を少し変えて、切り目を入れて炙ってから押したので、ちょっと違った味わいでこれもなかなか良かったです。
また切り方も一口大に切り分けても食べ易くて品もいい様に感じました。
※この日だけは何でも良い様に感じたのかもしれませんね。

77C20197-63E5-4BEF-B964-B692A8D1C02B.jpeg

あとは26日の再診日の病理検査結果を待つばかりですが、
きっと、良性であると信じて待つのみ❣️

無事である事が有り難いとつくずく思う。
そして周りの人に支えられて生きてるってしみじみ感じたのでした。
「もう少し生きてて、この世で働きなさい!」って発破を掛けてもらったりして、ほんと、有難いです。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

freudeのフロちゃん

Author:freudeのフロちゃん
《ようこそ FREUDE のまどべ》

家族
 ●愛犬フロイデ(1997-2012)
 ●ゲッテル(2003-)
 ●リ・フロイデ 通称:リフロ
 (2012-)
 ▲フロやん(主人-人間!)
 
平凡な日常をつづっています~♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1684)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR