2010-07

時はいつの間にか過ぎていく・・・ - 2010.07.18 Sun

今朝の柏崎日報(昨日の夕刊ですが我が家への配達は今朝の読売と一緒に配達の為)の
「ある日、あの時」の欄に久しぶりに種岡敏子さんの随想を見つけました。
種岡敏子さんにお会いしてみたいと言う思いを心の隅に宿したのが1997年、
思えばもう13年もたっているんだなぁ…

そのきっかけとなった
1997年10月7日付けの種岡さんの随想「嫁と姑の立場」
1997年10月22日付けのフロちゃんの「"嫁と姑の立場"を読んで」
投稿を載せてみます。

 ※記事をクリック 大きくして読んでください

img070.jpg img071-2-bokasi.jpg

種岡さんの記事の様な時期がいつか自分にもやって来ると思っていましたが
やはりやってきました。
感想を書いた時には義父母がまだ元気で、息子が居て、両方の立場から複雑な思いでしたが
時は流れ義父は何度もの手術で入退院を繰り返す中、義母は早くから認知症になり
色々有りましたが一昨年末に義父が亡くなり、義母は今グループホームで暮らしており
その内に息子は結婚し小1と年長の二人の娘を持つ家族が出来、県外に暮らし、
こちらはフロやんと愛犬2頭で静かに暮らしています。
あの当時の種岡さんはすでにご主人が亡くなられていましたから少し違いますが
ほぼあの頃の情景が今の自分と重なります。

読み返してみて又さらなる思いが募ります。
そして今朝の種岡さんの随想「長寿、その時」は身につまされました。

img072.jpg

記事の中に年が記されていてこの度初めて知りましたが、
13年前はすでに70台に入られたところだったらしいです。
沢山の随想を書かれており、名前で検索しても出て来る人なので
敢えてそのまま書かせて貰いました。

お元気な内に一度お目にかかれるチャンスがありますように…



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

freudeのフロちゃん

Author:freudeのフロちゃん
《ようこそ FREUDE のまどべ》

家族
 ●愛犬フロイデ(1997-2012)
 ●ゲッテル(2003-)
 ●リ・フロイデ 通称:リフロ
 (2012-)
 ▲フロやん(主人-人間!)
 
平凡な日常をつづっています~♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1315)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR