2012-03

信ずる者は救われる! - 2012.03.26 Mon

昨日、もう駄目かもしれないと言われて帰って来てから、ブログに報告も書けないまま、
重苦しい胸の内を抱えながら、雨戸を閉めようとふと目にしたものは…
これも奇跡!

P1080873.jpg

  ※写真クリックしてよく見てください!

フロイデだ!(右が頭)
庭にフロイデがいる!
そのことは口にせず、フロやんに「ちょっと庭を見て!」と言うと
「フロイデが寝てるわぁ」と言いました。
フロちゃんだけが感じたんじゃなくて、フロやんもそう感じたようでした。

庭の雪解けの名残雪、偶然にしてもあり得ない光景でした。
フロイデ、おうちに帰りたいのかなぁ…
この庭でもっと遊びたいのかな…とか、
色々な思いでこの雪のフロイデに話しかけたのでした。

今考えてみたら、フロイデの思いが庭の雪に姿を変えて、
「きっと帰ってくるからね!」と私たちに伝えてくれていたような気がします。

---*---*---*---

お昼にフロイデの面会に行って来ました。
昨日の面会では期待が裏目に出て、
今日の面会には明日で終える治療に依っては辛い決断を下さなければならず、
相当の覚悟で病院の扉を押しました。

すると、先生が優しく、「立てるようになりました」と? 耳を疑いました。
奇跡が起きました。

立ちました!
歩きました!
持って行っただいすきなパンも食べました!


120326_121434.jpg   120326_115709.jpg

このフロイデのような病例にはこれ以上の治療がなくて、それでもと言うことで
使ってみられたインターフェロンが功を奏した様なのです。
でもこれをどれくらいの割合でどの間隔でいつまで…?
全く例のない方法だそうで、先生も手探り状態だそうですが、信じてお任せするしか有りません。
他に打つ手がありませんと言われて終わっていても仕方が無かったのですから、有り難いことです。

今まで垂れていた左耳までがピンと立ち、立って歩く姿を狐につままれたように見守りました。
しかし、そう長くはないだろうと言われました。
でも今朝からは点滴も痛み止めの注射もやめて、今の所落ち着いているようなので、
夕方には帰宅許可が出そうです。
夜の様子をよく観察しながら、明日から連日インターフェロン注射に通うことになりそうです。

先がないのでなんでも好きな物を食べさせてやって良いと言われました。
今夜帰って来たら何を食べさせてやろうかと今から考えています。

◆菊次郎さん ◆くららちゃん ◆クリローちゃん ◆クレマチスさん
◆ケビンママさん ◆サーティわんこさん ◆クッキーママさん 他みなさん
ご心配をお掛けしてすみませんでした。

   フロイデ、も少し頑張ります!


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

freudeのフロちゃん

Author:freudeのフロちゃん
《ようこそ FREUDE のまどべ》

家族
 ●愛犬フロイデ(1997-2012)
 ●ゲッテル(2003-)
 ●リ・フロイデ 通称:リフロ
 (2012-)
 ▲フロやん(主人-人間!)
 
平凡な日常をつづっています~♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1315)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR