2012-06

∮~混声合唱 ラ・ルシオル 第3回コンサート~♪ - 2012.06.04 Mon

2012.6.30(日)14:00より
朝日酒造(株)エントランスホールにおける、混声合唱団ラ・ルシオルの演奏会を聴きに行ってきました。
この会場には仲間と立ったこともあり、いろんなコンサートでここも結構通い慣れた道になりました。

この演奏会に足を運ぶきっかけは、親友で有るHIROさんやシミちゃんを始め数人の合唱仲間が参加している事、
指揮者がいつも指導頂いているぎじん先生で有る事、
そして、ラ・ルシオルの発足時に一緒に歌わないかと声を掛けて頂いたピアノの小山先生がいらっしゃる事等、
楽しみにしていた演奏会でした。

      P1100377.jpg

プログラムの構成もさることながら、一曲たりとも眠くなる暇が無いくらい、新鮮な感動を覚えました。

プログラムの1曲目、何度も歌ったことの有るバッハの「主よ人の望みの喜びよ」から始まり、
S:15人、A:15人、T:7人、B:6人 のハーモニーがホールに響き渡り、
癖のない、力みのない、その上に感情表現のテクニックも備わっていた。
発足から3年とはとうてい思えない響き、同じぎじん先生に指導を受けている身には衝撃的でした。

ウィーンの楽友協会ホールで歌ったとき、響きが素晴らしいホールだけれど、変な残響もしっかり残るので
気を付けるようにと言われた記憶がありますが、この朝日酒造のエントランスホールも教会のような
素晴らしい響きのホールで、
数年前、このホールに立ち、正に変な残響を残した演奏会の記憶を消すことが出来なくて、歌うことが
嫌になった時期があり、正直なところ、大人数の合唱をここで演奏する事に、多くを期待していませんでした。
ところが、昨日の演奏会の響きは、私の期待を大きく裏切り、心地良く全身に染み渡りました~♪

第1部は大好きな小山先生のピアノ伴奏による、世界の名曲から、
ドイツ語、ラテン語、フランス語、日本語と4曲それぞれ言葉が違い、多分フランス語は難しかったのでは
ないかと、先日「平和への道程」の一部にフランス語が含まれていて最初苦労した自分を思い出しました。

合唱団の顔とも言えるソプラノ、このソプラノが本当に綺麗でした…
声楽家ぎじん先生の指導の賜物だと思いますが、この合唱団は素直でまじめで熱心な人が多いのでしょう。
同じぎじん先生の指導を受けている東京の合唱仲間の人とも会場で話しましたが、
「私たち、慣れすぎてしまってるのかもね、」と。
そう言う所も確かにあるかもしれませんが、年を重ねる内に変に誇りを持つ人が多く、
同じ指導を受けてもそれぞれの団で反応が違うような気がします。
初心に返ってもっともっと頑張りたいと反省しました。

前後してしまいましたが、
第2部に弦楽五重奏と共に、「ヴィヴァルディが見た日本の四季」
こんなの有るんですね。
前奏間奏にはヴィヴァルディの四季のメルディーが流れながら四季のそれぞれの曲は日本に歌で、
心地良いメロディーの移り変わりに酔いました~♪

休憩を挟んでぎじん先生のミニレクチャー
合唱の声の作り方、いつも練習しているときのやり方を会場の皆さんに体験して貰い、
最後に一緒にその声で「夏の思い出」を合唱して、聴きに来た合唱経験の無い人も全員一人一人が
声に出し、自分の残響を感じて、合唱って良いなぁ~と思ったはずです~\(^^@)/

第3部はおなじみのポピュラーソングをと題して誰もが聴いたことのある国内外の曲を
楽しませて貰い、アンコール1曲で大きな拍手に包まれ、演奏を終了しました。

演奏会終了後は団員の人達が両側に並んで立ち、会場の人を見送ってくれるなど
演奏だけでなく、最後まで心遣いが感じられ、この日足を運んだ全ての人に大きな感動を与えた
演奏会だったと思います。

う~ん、あなた何様のつもり?と言われそうですね。
今回は音楽評論家の奥田佳道さんにでもなったようなに偉そうな事を書いてしまいましたわぁ~(^-^ゞ
でも、久しぶりに素敵な演奏会だったんですもの~♪

ラ・ルシオルの皆さん、素敵な演奏をありがとう~♪
ルシオル=ホタルだそうですね。ほのかな明かりを放ちながら夜に舞うホタル姿は、団のイメージにぴったり!
これからのご検討をお祈り致します。
遊びにお出でと言われたので行けたら良いな~♪
ハーモニーを壊さないようにそっといつか伺うかも(*^.^*)エヘッ
 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

freudeのフロちゃん

Author:freudeのフロちゃん
《ようこそ FREUDE のまどべ》

家族
 ●愛犬フロイデ(1997-2012)
 ●ゲッテル(2003-)
 ●リ・フロイデ 通称:リフロ
 (2012-)
 ▲フロやん(主人-人間!)
 
平凡な日常をつづっています~♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1300)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR