2012-06

高嶺の花(魚)ノドグロ~それも釣り立て! - 2012.06.08 Fri

2012.6.7
釣り名人のTさんから電話で(数軒先なんですが)「小さいノドグロが釣れたけど…」と、
ちょっと低目の声でぼそっと一言、
ノドグロ!!!「はい、すぐ伺います!」

ノドグロ2尾と大きめのカレイ1尾頂いて帰りました。
ノドグロの名前の由来とか、食べ終えてからもう一品出来る秘伝料理など色々聞かせて貰って来ました。

120607_184921.jpg     120607_185842.jpg

料理屋さんで焼き魚として食べたことはありましたが、釣り立ては見るのも触るのも初めてです。
外見の喉辺りに黒いところが有るのかと思いきや、エラの裏からお腹まで真っ黒なのです。
真鱈など内臓の壁が真っ黒なお魚は見たことが有りますが、裏の内側まで真っ黒なお魚は初めて見ました。
熱を加えるとわかりにくいですものね。じっくり拝見~(*^_^*)

ひれには鋭い針が突き出ていて要注意、
鱗は柔らかく取れやすく、皮目の庖丁の入りも優しいです。
釣り名人のTさんは小さいと言われましたが、何の何の、レンジの魚焼きにやっと入るほどの大きさでした。
1尾は開きにして塩焼き

P1100406.jpg

細心の注意を払いながら焼きました。
皮の焼け具合が普通の魚とは全然違いました。薄い皮に弾力があり、ふっくら、ぱりっ!
柔らかく脂分が多く、まるで唐揚げしたかのような焼き上がりで。
最初は、2尾しかないのに焼くのがもったいないと思ったのは大間違い、
料理屋さんよりずっと美味しい!

フロやんの帰宅を待って焼きたてをテーブルに出しました。
そのフロやんがどこから箸を付けたか?
はい、目玉でした。
「旨い!」の一言、中々わかってるなぁとにんまり~(^ー^* ) フフフフ
先入観を持たないように、わざと、「今日はノドグロとカレイよ」とさりげなく言っただけでしたが、
目玉が美味しいから始まって後は、次々に釣り名人のTさんが仰っていたノドグロの特徴を言うフロやんの
感想を聞いててこちらまで嬉しくなりました。

          P1100409.jpg

残る1尾とカレイは刺身にする予定が、釣り名人のTさんのお宅が手巻きをすると聞き、
急遽握りに変更~(^-^)/
うう~ん、
ノドグロの握りとカレイの握り~最高でした。

  フロやん:ノドグロは身が甘く噛むほどに舌に纏わり付く様な感じ
       同じしゃり(酢飯)なのにノドグロのしゃりはしゃきっとしたように感じ、
       カレイの方は身に歯ごたえが有る分、しゃりが普通に感じ、全く違うように感じると。
  うんうん、フロちゃんもそう思った。

最後に、
釣り名人のTさんに習って作った、やいたノドグロを食べ終えた骨で作った潮汁、
豆腐と薬味にはフロやんの田んぼで摘んだ芹を入れただけですが、
焼いた香ばしさもあって、骨だけでもだしがしっかり出て、とっても美味しかったです。

座ってるだけでこんなに美味しい物が次々出てきて、フロやんは幸せ者!
フロちゃんも作る楽しみと、喜んで食べる人が側に居て、自分もゆっくり堪能~あぁ幸せ!
釣り名人のTさんに感謝しても仕切れない位です。
いつもありがとうございます~\(^^@)/

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

freudeのフロちゃん

Author:freudeのフロちゃん
《ようこそ FREUDE のまどべ》

家族
 ●愛犬フロイデ(1997-2012)
 ●ゲッテル(2003-)
 ●リ・フロイデ 通称:リフロ
 (2012-)
 ▲フロやん(主人-人間!)
 
平凡な日常をつづっています~♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1330)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR