2012-12

佐村河内守の交響曲第1番「HIROSHIMA」 - 2012.12.12 Wed

最近のお気に入りのCDを2枚、

① 佐村河内守(さむらごうちまもる)の
    交響曲第1番「HIROSHIMA」

  P1120844.jpg

広島出身、そこから興味が湧きました。
両親共に被爆その2世で、母親から4才より英才教育を受け、
小学校の頃より20分もの曲を書き上げるほどのその頃から
天才的な素質の持ち主だったそうです。
高2より聴覚を徐々に失い…(以下 写真をクリック 文面参照)

このCDは2011.4.11~12 パルテノン多摩にて録音(世界初録音版)
大友直人 指揮  東京交響楽団
 
"現代のベートーヴェン"と世界中からも呼ばれるだけの素晴らしい曲です。
クラシック演奏会と言えば、なじみの曲であっても、大抵何処かの部分で眠くなることの多い中、
初めてクラシックを聴いた人も息を抜くことなく最後まで聴き入る曲だと聞いていましたが、
正にその通りでした。
何度も何度も繰り返し聴きますが胸がいっぱいになります。

そうしていたら偶然、今朝(12/12)NHK「あさイチ」で、「奇跡の作曲家」として
紹介されました。
そんな時間にテレビを付けるのは珍しく、全くの偶然でした。それもスイッチを入れた途端に
「奇跡の作曲家」が始まったのでした← これも奇跡!

そこには彼のこれまでの経歴と日常生活が生々しく映し出れたものでした。
特に現在に日々の部分が、痛々しく心に残りました。
今現在でも週の半分以上は発作などで、部屋で休まなければならず、
日中も部屋にはカーテンとサングラスで光を遮らないと耳鳴りが悪化するのだそうです。
体調不良や激痛や精神面の混乱を抑える為に、10種類以上の薬を服用、
その合間を縫って体調が少し良いときに作曲をするのだそうです。

絶対音感のある人で何よりも作曲が好きで、小さい頃から交響曲を作りたいという夢を
諦めなかった事で出来上がった曲ですが、詳しく知れば知るほど、
この人はこの苦しみと戦いながら生き続ける事が出来るのだろうか…
神様はどうしてこんな試練をこの人に与えるのか…
彼の日常を見ると、ずっとガンバッテとは言えない気がしました。

極限と戦って出来上がったこの交響曲1番「HIROSHIMA」
また一つ宝物が増えました。これは宝物の中でも上位!
そして、なにが不自由と言うことでもないのに生きる気力を失いがちな自分の
励みになる人であり、曲にもなりました。

是非皆さんも聴いて見てください~♪

---*---*---*---

② LIBERA の「Eternal」

   P1120796.jpg

エンヤの少年合唱版とでも言いましょうか?
フロちゃんの浅い音楽感ですから、表現は適してないかもしれませんが~(m_m)
ウィーン少年合唱団よりもなじみやすい曲と響き、
少しジャンルが違ってるのかな?
CDも沢山出ているようで、クリスマス曲のCDも有るようです。
今はこの「Eternal」にはまっています~(*^.^*)エヘッ

            
              <2枚目のCD始まりはこの曲から始まります>

早くから雪が降りちょっと生活も曇りがちな日々が続いていますが、
年の瀬に1年間の汚れを洗い流して、癒しち勇気をくれる演奏に巡り会えて良かったです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

freudeのフロちゃん

Author:freudeのフロちゃん
《ようこそ FREUDE のまどべ》

家族
 ●愛犬フロイデ(1997-2012)
 ●ゲッテル(2003-)
 ●リ・フロイデ 通称:リフロ
 (2012-)
 ▲フロやん(主人-人間!)
 
平凡な日常をつづっています~♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1328)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR