2012-12

自分への"クリスマスプレゼント"~(*^.^*)エヘッ - 2012.12.24 Mon

何かの行事にかこつけては「自分にプレゼント!」と上手い事を言って
欲しいものを手に入れるフロちゃん~(^-^ゞ
その手法で、今年のクリスマスにもフロちゃんにもサンタクロースが
この3連休の初日にやってきました。

  P1120889.jpg

   ※ 写真をクリック ( 作って出来た模様ではなく工程上で出来る模様です。)

燕の 片岡製作所 の
TAMAHAGANE(タマハガネ) 響十(KP) 牛刀 240mm [KP-1104]
  鋼はモリブデンバナジウム鋼/刀身は63層ダマスカス鋼/ハンドルは積層強化木

いつも釣り名人のTさんに50㎝を超える(80~90㎝も有あったりして)超大物を頂き、
出刃の刃渡り150mmで大変苦労していました。
特に頭を割るのが大変です。
小さなフロちゃんが、汗水垂らしながら自分の頭より大きな魚の頭と格闘する姿、
想像してみて下さい(;^_^A アセアセ…

その苦労を少しでも軽減できないものかと常々思っていましたが、
鮭センターの方が使って居られるのが身卸出刃だと聞きました。
そこで色々調べて、釣り名人のTさんに相談したところ、
身卸出刃なら白鋼が良いだろうと、しかし、頭割りなら身卸より牛刀の方が両刃だから楽だと聞きました。
そして、プロの人が使った居られたという、刃渡り330mmの牛刀を使ってみなさいと、貸してくださいました。

刃渡り330mmの牛刀は相当大きいです。
刃先に神経が届かないのではないかと思うくらい長いです。
でも、ものは試し、使わせて貰いました。
大きなハマチを貰って切ってみました。
割に大きな頭でしたがすっと庖丁が入り、両刃なのでまっすぐに庖丁を下ろすだけで
真ん中がすっと切れて、切り口が綺麗な事…出刃で苦労して、仕上がりは無残だっただけに
こんなに楽に綺麗に出来る事に感動しました。

いくらなんでもプロの様に刃渡り330mmを求める必要はないと思いますが、牛刀は必要だと思いました。
そこで調べに調べて、見栄えもそこそこで自分が使ってて楽しく感じられ、実用向きだと
判断して注文したのがこのTAMAHAGANE(タマハガネ) 響十(KP) 牛刀 240mm [KP-1104] です。

アクセサリーを買ったよりも嬉しいこの気持ち、人にはわからないでしょうね~(^-^ゞ
使うのが楽しみです~♪

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

freudeのフロちゃん

Author:freudeのフロちゃん
《ようこそ FREUDE のまどべ》

家族
 ●愛犬フロイデ(1997-2012)
 ●ゲッテル(2003-)
 ●リ・フロイデ 通称:リフロ
 (2012-)
 ▲フロやん(主人-人間!)
 
平凡な日常をつづっています~♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1310)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR