2013-08

リフロの入院… - 2013.08.21 Wed

8/19
ちびっ子たちの列車を見送って、用事を済ませてお昼過ぎに帰宅、
家の中はがらんとして、ゲッテルもリフロも以前の様にソファーで並んでお昼寝をして過ごしましたが、
4時過ぎからリフロが急に吐き始め、その始末を為終えた頃に又吐き、どうも様子が変なので、
2度目に吐いた物を写真に収め、病院へ向かいました。
病院に付くまでの5~6回は吐いたと思います。

診察の結果、腸が動いていないと言うことでレントゲンを撮ったところ、
どうも顆粒状で、乾燥剤のような物と思われる物が腸の流れを止めていると言うことがわかりました。
そして胃が急激に潰瘍になり血が胃酸で黒くなって吐いていることも判明、
おまけに、血液検査の結果、毒素が胃や小腸辺りから血管を通って肝臓にまで吸収されているらしく
肝臓の数値が普段の10倍もの値になっていました。
依って即入院治療となりました。

  IMG_3029-2.jpg

          IMG_3035.jpg

  IMG_3040.jpg

普段食品などに入った乾燥剤などは先ず最初に処分するように心がけていたつもりでしたし、
お散歩での拾い食いは考えられなかったし、
これと言った心当たりが見つからなかったのですが、
ここのところばたばたしていて、犬にとっても睡眠不足だったことも重なって、
もしかしてゴミ箱に捨てたつもりが床に落ちていた可能性も絶対に無いとは言い切れないし、
現実にこうして映っている訳ですから…可哀相なことになり、深く反省しています。

昨日も面会に行って来ましたが、多少尻尾は振りましたが、側に寄ってくる様子もなく
じっとみつめているだけで、ただただ立っていました。
先生のお話ですと、痛いから立っているとのこと、
立っていると疲れるので時々座るけれどまたすぐに立っているそうです。

  IMG_3041.jpg

又明日面会に行く予定ですが、少しでも楽になっていれば良いな…
肝臓も数値が下がる傾向が見られれば家で薬を飲みながら治療できるらしいですが
今はちょっと大変な状態だそうです。

リフロ、頑張れ!
辛い思いをさせてごめんね。

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

freudeのフロちゃん

Author:freudeのフロちゃん
《ようこそ FREUDE のまどべ》

家族
 ●愛犬フロイデ(1997-2012)
 ●ゲッテル(2003-)
 ●リ・フロイデ 通称:リフロ
 (2012-)
 ▲フロやん(主人-人間!)
 
平凡な日常をつづっています~♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1328)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR