2017-06

なんともなくなかった、ゲッテルのほっぺた、牙で貫通してた! - 2015.10.29 Thu

一昨日、の朝、お父さん行ってらっしゃいして、いつもだとすぐに家に入るのですが、
たまたまこの朝はガレージに繋いだまま道路を掃いたりしていました。
そこへお散歩中の甲斐犬のひめちゃんが通りかかって、よく知ってはいたけれど直接近づけたことが無かったので、ゲッテルは側に行って確認したら気が済むので行って良いですかとお願いして「飛びつくかもしれないですよ」と言われましたが、お互い了解の元で近づけました。
その瞬間に、先にリフロが勢いよく行きかけたので止めて、ゲッテルを近づけたのですが、瞬間に取っ組み合い、
キャインキャインとゲッテルが悲鳴を上げたのでお互いに止めさせました。(お互いにリードをつけていました)
外見からは見えませんでしたが、ゲッテルの口の中に(舌に)血が出ていたので自分の歯で舌を噛んだのかもしれないし、大したことなさそうに思い、その他には特に異常も無くてそのままにしていました。

翌日(昨日)、甲斐犬のひめちゃんのお母さんが心配してお見舞いに来て下さって、美味しいお饅頭を頂いたという所までは昨日のブログに書きましたが、
その後、ブラシをかけ始めたときにキャイ~ン! と悲鳴を上げたので辺りの毛をめくって調べてみると、有りました、傷が!
2㎝くらいの切り傷が有ったのです。
生憎水曜日で病院がお休み、取りあえず、昨夜は人間の軟膏傷薬を付けて休ませませたが、
ふと頭をよぎったのが、
もしかして、口の中の血はこの傷が内側まで刺さって出た血だった?

今日午前中、念の為にと診察に行って来ました。

  IMG_8404_20151029151008fc9.jpg

診察の結果、
頬の傷はやはり頬の内側(口の中)まで貫通していて、既に内側には膿が出ていました。
口の中に血が見えた原因がそれではっきり解明出来ました。
甲斐犬のひめちゃんの犬歯がゲッテルの頬を貫通して表面は切れていたのです。
外傷をその時に発見出来ず(シュナウザーは髭を伸ばしているので見えにくかった)暢気すぎました。
2㎝の切り傷はくっついて血が固まっているので触らないでそのままにして、
化膿を防ぐ抗生物質を1週間飲んで様子を見ることとなりました。

          IMG_8408.jpg

元気だし、食欲も有るので、これ以上化膿が進まないで治っていけば良いですが、
膿が溜まるようなら切開して出すそうです。
貫通していたから皮膚の中に膿が溜まらず口内に排出できていたのだそうです。
外からの傷だけ見ては膿が溜まっているように見えませんでしたし、発見が遅れました。
原因がはっきりしただけでも診察してもらって良かった。

診察終わって、待合室でかわいい、かわいいトイプー6才♂のくるんちゃんと、初対面ですがこんな感じです。
ゲッテルって友好的です。誰の所でも行って確認したがる。(だから、噛まれる原因だったりする訳ですが)
良い子ねって、くるんママにも褒めて頂きました(*^_^*)

               IMG_8407.jpg


思えばゲッテルの人生(犬生)、怪我が多いな・・・
ガレージの上から落ちたり、車から落ちたり、犬には3度も噛まれたし・・・
歯が弱くて上の犬歯もないし、脇の歯もないし・・・
性格はいい方で、ドッグランでも人から好かれるタイプ。
こんな良い子なのだから、元気で長生きして欲しいと思ってるんですけどね・・・

その為にも、これが治ったら、11/10で12才の誕生日を迎えるので健康診断をして貰う予定です。


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://frochan.blog14.fc2.com/tb.php/1200-ed204fb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ふふふっ~ちちんぷいぷい~(o゚▽゚)oニパッ «  | BLOG TOP |  » 朝の一服

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

freudeのフロちゃん

Author:freudeのフロちゃん
《ようこそ FREUDE のまどべ》

家族
 ●愛犬フロイデ(1997-2012)
 ●ゲッテル(2003-)
 ●リ・フロイデ 通称:リフロ
 (2012-)
 ▲フロやん(主人-人間!)
 
平凡な日常をつづっています~♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1315)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR