2017-05

おばあちゃん(姑)の死 - 2014.08.22 Fri

認知症グループホームでお世話になっていたおばあちゃんが、8/10にくも膜下出血により
8/18日に亡くなりました。
10/10のお誕生日を目前に85才10ヶ月でした。

  IMG_7416.jpg

あと2~3日かもと言われながら8日間持ちこたえ、京都や兵庫県の近い身内が来てくれるのを待っていたかの様でした。
阪神淡路の大震災に遭い、それを機に知り合いも親戚の一軒もない、仕事で来ている長男を頼りに近くに越してきて以来、中越地震に中越沖地震にも遭い、その後おじいちゃんが入退院を繰り返しながら5年ほど前に亡くなり、それからこの度おばあちゃんも亡くなりました。
思い返せば色々なことがありましたが、
吐き気と頭痛を訴えて間もなく意識が無くなったので、本人が長く苦しむことがなかっただけが救いだったと家族で話しています。

こちらの出身でないので、取りあえず翌日納棺の儀を行いその翌日荼毘に付しました。
後日改めて大阪のお寺で身内だけのお葬式をして納骨の予定です。
そんな訳で、長男の嫁としてのお役目を果たすべく、ばたばたと・・・悲しむ暇もありませんでした。

いつもは繰り返しの会話だったのに2週間ほど前に余りにスムーズに会話が進むのが不思議で、
ひょっと思いついて、iPhoneで途中から録音したのが何かの前触れだったのか・・・
あり得ないことが起こって不思議な気がしています。
iPhoneに残った明るく元気な優しい会話が私への形見だったのでしょうか・・・
いろんな事が有りましたが、こうなった今では「おばあちゃん、ありがとう!」かな。


● COMMENT ●

お疲れ様でした

ブログ更新が遅れていたので、どうしたのかな?と、心配していました。
おばあちゃん安らかにおやすみ下さい。
フロちゃん、本当にお疲れ様でした。

◆クレマチスさん

ご無沙汰しておりましたが、おかわり有りませんか、
おじいちゃんやおばあちゃんに手が掛かる様になってから書いていたノートを開くといろんなな事が蘇ってきます。
鬼嫁にならざるを得なかったこともありましたし、それはそれは、色々有ったけれど、自分の範囲で出来る事をしてきたので、未だ未だ足りない嫁ではありましたが、許して貰えるのではないかと勝手に思うことにしています~(^-^ゞ
日頃の生活に戻ってみると、おばあちゃんが亡くなった気がしないんですよね・・・
ふと、気付き、もうおばあちゃんは居ないんだなぁ・・・と思うこの頃です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://frochan.blog14.fc2.com/tb.php/962-2eab625c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏の思い出 «  | BLOG TOP |  » 今シーズン初物の"カマス"

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

freudeのフロちゃん

Author:freudeのフロちゃん
《ようこそ FREUDE のまどべ》

家族
 ●愛犬フロイデ(1997-2012)
 ●ゲッテル(2003-)
 ●リ・フロイデ 通称:リフロ
 (2012-)
 ▲フロやん(主人-人間!)
 
平凡な日常をつづっています~♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1300)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR